株式会社GLOSSY

ガラスコーティングの値段の相場を一括比較!『施工業者別メリットデメリットも』

お問い合わせ

ガラスコーティングの値段の相場を一括比較!『施工業者別メリットデメリットも』

ガラスコーティングの値段の相場を一括比較!『施工業者別メリットデメリットも』

2023/09/27

ガラスコーティングの効果や価値を知っているからこそ施工したい!でも、ポリマーやワックスに比べて費用が高そう・・・・。

実際ガラスコーティングを施工するにはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

この記事ではガラスコーティングの施工を検討している方のために、自分でDIYコーティングする場合や専門店に依頼した場合の施工費用についてお伝えしていきます。

目次

    ガラスコーティングをDIYでするときの価格は?

    自分でガラスコーティングを施工する場合はコーティング剤や下処理剤、本格的にやるなら研磨機材をから揃える必要があります。

    ガラスコーティング剤はオートバックス、イエローハットなどのカー用品チェーンやアマゾン、楽天などのネットショップで気軽に購入することができます。

    コーティング剤の費用はさまざまで1,000円台から10,000円台のレンジに集中していて、商品の内容はガラスコーティング剤に加えて、専用のマイクロファイバークロス数枚と、塗り込み専用スポンジ数個がセットになっているものが多い様です。

    完全硬化型のガラスコーティングは1〜2台分施工できる量で1万円弱の価格帯が多く、施工業者に依頼する場合よりも安価に施工できるのが嬉しい点です。

    市販のガラスコーティング剤を選ぶ時の注意点

    市販のコーティング剤を選ぶ場合はかなり慎重に検討する必要があります。特に、茶色や緑、青などの遮光の瓶に入っているものの多くは完全硬化するタイプですが、完全硬化タイプのコーティング剤は施工が難しく、塗りムラ、拭きムラが起こりやすいです。

    もしムラになって硬化してしまった場合は自分では簡単に除去する事ができません。

    きれいにに取り除くには研磨するしかなくなり、自分で磨くと労力と時間が膨大にかかり、削り過ぎれば塗装をダメにしてしまい修理が必要になることもあり、研磨を業者に頼む場合は高額な費用がかかってしまう事があります。

    ガラスコーティングを業者に依頼するときの価格相場

    ガラスコーティングは自分で施工する以外に施行業者に依頼するという選択があります。というか、そちらの方が一般的かもしれませんね。

    施工業者といってもさまざまで、それぞれにメリットとデメリットがあります。

     

    • コーティング専門店 8万円~50万円
    • キーパーなどフランチャイズ系洗車専門店 1万円~22万円
    • カーディーラー 7万円~10万円
    • カー用品店 5万円~8万円
    • ガソリンスタンド 2万円~6万円
    • 自動車整備工場 2万円~4万円

    施工価格に影響する7つの要素とは?

    このように施工業者によって物凄い価格差があることが明らかになりました。

    安いものは2万円から高いものは50万円以上までありますが一体この価格差はどこから生まれるのでしょうか??

    これからお伝えする7つの要素のレベルが高いほど施工価格が高くなり、価格に比例して満足度や安心感、愛車の価値と魅力の維持のクオリティが高くなる傾向にあります。

    専門知識と経験の差

    専門知識の豊富さや経験値はそのままコーティングの品質とその後のコンディション維持に直結する要素ですので価格にも反映されます。

    コーティング材料のブランド、性能の差

    フランチャイズ系やガソリンスタンド、量販店、カーディーラーで扱っているガラスコーティングはその大半が特別なものではなく、今はネットで同等のレベルのコーティングが手に入ります。ただ、一般の方のほとんどが自分で施工するのは面倒だし知識も無いので任せてしまう方が楽だし安心と考え依頼している様です。

    コーティングの性能そのものは決して高くはありませんので施工費用も専門店に比べると安いものが多いですが、手軽さやついでにできる便利さがあります。

    一方、専門店で扱うコーティング剤の中にはチェーン店やフランチャイズ店、カー用品店で扱うことのできない特別なものがあります。特に海外製のコーティングなどは取り扱うための研修が必要だったり、権利を伴うものがありますが、それは特別な性能や特殊な機能をもったコーティングである為です。このようなコーティングは施工費用が高い分、高性能、高付加価値となります。

    正しい知識を身につけて、あなたにとってどちらが合っているかをよく吟味すると良いでしょう。

    研磨、下処理及び施工技術の差

    研磨技術に関しては専門店とそれ以外では圧倒的な差があります。量販店やディーラー、整備工場などでも研磨機材を使うところはありますが本質を捉えていないので品質は期待できません。

    施工環境の充実度の差

    施工環境も非常に大切な要素です。特に光源と温度管理、水は特に重要で、研磨による光沢の上がり具合や傷の抜け具合、コーティングの定着と安定に大きく関わります。設備の整った施工店の方が施工費用は高いですが仕上がりのレベルも上がります。

    保証の充実度の差

    コーティングの保証は本当に軽く考えられがちで保証内容を確認するカーオーナーさんはごく稀です。しかし、保証内容は最も大切な要素であることを覚えておいてください。粗末なコーティングほどすぐに荒れて艶が無くなってしまいます。保証内容にもよりますが万が一艶が著しく無くなってしまった場合などでも保証があれば一定のレベルまで復元してもらえるでしょう。

    アフターフォローの充実度の差

    アフターフォローも保証と同様に大切な要素です。例えば鳥の糞がボディーに乗って部分的にシミになってしまった時や、鉄粉がついて自分で落とすことが難しい時にメンテナンスで除去してくれたり、正しい対処方法のアドバイスをもらえるかどうかはその後の愛車の価値と魅力を保つ上でとても大切な要素です。

    ここもやはりある程度費用に比例してサービスが充実すると言って良いでしょう。特に専門店は街の電気屋さんや、かかりつけ医の様に相談できる味方になってくれます。

    信頼レベルの差

    短時間で数をこなさなければならなかったり、本業の片手間で作業をする施工業者の場合はどうしてもお客様とのお打ち合わせやヒアリングをしたり、それを作業に落とし込むことが難しくなります。

    そうなると必然的に、希望しているような仕上がりになっていなかったり、その後のカーケアで出てきた疑問に的確な回答をもらうことも難しくなります。

    話をまともに聞いてもらえず対応も簡素になりがちで信頼度は低くなる傾向にあります。

    対して専門店は施工費用は高めの設定ではありますが、それを本業にしている分、価格以外の要素は高いと言って良いでしょう。

    施工業者別メリットデメリット

    カーディーラーで施工するコーティング

    カーディーラーで施工するメリットは車の購入と同時に施工できるので手間がなく、綺麗な状態で新車を納車できる喜びを得られる点でしょう。

    これは新車を購入するオーナーにとっては非常にありがたいです。

    施工価格は色々で、中に20万円を超えるものもあります。但し、ディーラーでコーティングをするカーオーナーの大半が質よりも手軽さに価値を感じるタイプとも言えるので質が低くても気がつくことは稀です。

    施工するのは外注業者または整備士、サービススタッフなどで、的確なアフターケアはほぼできませんので困ったことがあっても改善しないケースがほとんどです。

    また、カーディーラーから外注に出し、利益も出さなくてはならないので、外注先では1日の作業台数のノルマを設けられます。

    下請け業者は1台仕上げるのに1時間しか時間を与えられない事もあると聞きます。そのため、エンドユーザーが支払う費用は安くないものの、仕上がりのクオリティに満足がいかないといった声が聞かれるのは仕方のない事だと思います。

    カー用品店で施工するコーティング

    カー用品店でもコーティングメニューを扱っているところがほとんどです。カー用品店のコーティングも時間をかけて施工することはありません。

    ガソリンスタンドで施工するコーティング

    ガソリンスタンドやキーパーコーティングもやはり手軽さが最大のメリット。いつもガソリンを入れる店舗で気軽にコーティング施工できて本当に便利です。多くのガソリンスタンドではキーパーコーティングのコーティング剤を中心に使用します。スタッフには塗装を削りすぎるなどの事故を防ぐために基本的に研磨を行わないように指導しているところが多い為、下処理に期待はできませんが、コーティングを施工したお店に洗車を依頼できるのはとても便利です。

    自動車整備工場で施工するコーティング

    整備を行うスタッフが施工することと、環境が整っていない事から品質は限定的ですが、車検のついでにコーティングを依頼できるので車体機構と外装の両方を1ストップで済ませることができるのが最大のメリットです。

    扱うコーティング剤はジーゾックスやエシュロンなどの一般的な材料かそれに似た施工性の良いガラス系コーティングが大半の様です。下処理を行わないか、シングルポリッシャーを使用することが多い為、艶は出ても塗装を削りすぎているケースやオーロラマークと言われるポリッシャー痕が残る事も多いので納車後は日光の下などで確認しましょう。

    ガラスコーティング専門店での施工価格(参考価格)

    コンパクトカー、(Fitクラス) → 75,000円〜

    中型車 (クラウンなど)   → 90,000円〜

    SUV 1BOX(アルファードなど)→ 100,000円〜

    ガラスコーティングの価格まとめ

    ガラスコーティングを自分で施工する場合のコーティング剤価格の目安は5,000円~15,000円、専門店なら7万円〜10万円以上、カーディーラーやその他の施工店も種類によって さまざまではあるものの5万円から10万円前後が相場の様です。

    ガラスコーティングをしようと考える場合は、実際に店舗に足を運んでコーティングを施工した車両やでもパネルに触れたり、質問をぶつけて的確な回答が返ってくるかなどを見極めることで失敗を避けることができるでしょう。

    この記事があなたのお役に立つことができていたら嬉しいです。

    ----------------------------------------------------------------------
    車のガラスコーティング専門店GLOSSY
    新潟県新潟市東区松崎2-29-34 101
    電話番号 : 090-1453-2498


    ----------------------------------------------------------------------

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。