車のプロテクションフィルム『XPEL』正規ディーラー新潟1号店

お問い合わせ

ボディープロテクションフィルム

ボディープロテクションフィルム

XPELボディープロテクションフィルムは、あなたの愛車のボディー各所を『飛び石』『洗車キズ』『鳥のふん』『虫の死骸』『紫外線』『汚れ』『イタズラキズ』『劣化』等のあらゆる外敵から確実に保護できる唯一の選択肢です。超老舗のX-PELならフィルムを貼っていることを忘れてしまうほど違和感のない施工が可能です。

こんな方にオススメ!

高速道路走行中に小石が飛んできてボンネットにパチン!

補修塗装して傷は直ったけど、新車の時とは色とか質感が変わってしまった。
違和感を感じて残念な気持ちになったことがある。

補修塗装やタッチアップでごまかしてもやっぱり修理箇所が気になる。塗装し直しても乗り換えの時の査定は下がってしまうので、先行投資をしてでも元の塗装面をしっかりと守っておきたい。

自分の駐車場の近くで子供がボール遊びをしているのをよく見かける。身に覚えの無い傷が車についていたことがあったが何で傷付いたかもわからないし子供たちを叱ることも避けたい。

ヘッドライトプロテクションフィルム(オプション)

ヘッドライトプロテクションフィルムは愛車のヘッドライトに150μの分厚いフィルムを貼ることで 黄ばみを予防し、透明度確保することで安全快適なドライブ環境と愛車の美しさを守ります。

左右セット ¥44,000(税込)

紫外線劣化による黄ばみの予防

ヘッドライトはポリカーボネートという素材でできており、紫外線を浴び続けると徐々に黄変が始まります。

一度黄ばむと研磨で除去しても数ヶ月で再発するのでまた研磨が必要になり、美観を損なうばかりか、長期的に見ると非経済的な上に手間と時間を奪われます。

大半のガラスコーティング が0.1ミクロンにも満たないのに対して、プロテクションフィルムは約1500倍の150ミクロンという圧倒的な厚みを持ちます。

ヘッドライトプロテクションフィルムは紫外線遮断効果のある分厚いフィルムでで高価なヘッドライトの透明度を長期間保護し続けることができます。

修理費用削減と価値の保存

ボディー同様ヘッドライトに傷やクラックが入っていても車の売却価値は下がります。近年のヘッドライトはレンズだけの交換ができないものが多く、丸ごと交換が基本。

メルセデスCLSクラスなら片側¥329,400円、左右で¥658,800と高額で、国産車でも左右で30万円を超えるものもしばしばあります。

ヘッドライトプロテクションフィルムはあなたの大切な愛車のヘッドライトを強力に保護することのできる最善の解決策です。

関連事例

五泉市からC-HRのセラミックコーティングご依頼頂きました。
五泉市からC-HRのセラミックコーティングご依頼頂きました。

新潟市東区よりスズキハスラーのセラミックコーティング施工事例
新潟市東区よりスズキハスラーのセラミックコーティング施工事例

新潟市南区、VOLVO V60のコーティング施工事例
新潟市南区、VOLVO V60のコーティング施工事例

生活キズプロテクション

¥ 4,400 (税込) ~

普段車を使用する上でどうしても触れてしまう部分や荷物の積み下ろしの際に擦れてしまい安い部分。

ちょっと油断した瞬間にコツンとぶつけてしまう部分を事前にガードしておき、自分のミスに保険をかけておく意味合いで施工するメニューです。

ドアカップ/1箇所
¥4,950
ドアエッジ/1箇所
¥4,400
リアバンパー上部
¥14,000〜
欧州車窓枠アルマイトモール(片側)
¥33,000

こんな方にオススメ!

狭いところで車から降りる時にドアのの端をついぶつけて塗装が剥がれたことがあるなら。

ドアカップを爪で引っ掻いてできる黒ずみやキズが気になったことがあるなら。

荷物の積み下ろしでトランク周辺やバンパーなどを傷つけてしまったことがあるなら。

AUDI BMW VOLVO等欧州車の窓の周りのモールの白サビが気になるなら。

もしフィルムにキズがついてしまっても微細なキズならお湯をかければ瞬く間に修復することができる不思議な保護フィルムです。

もし、ボディーコーティングでの保護に限界を感じているならX-PELのプロテクションフィルムが
あなたの大切なお車を強力に保護してくれます。(オプション設定となりますのでコーティング又は他の部位と合わせてご利用いただけます。)

関連事例

HONDA ヴェゼル セラミックコーティング/新潟市中央区 T様/ガラスコーティング
HONDA ヴェゼル セラミックコーティング/新潟市中央区 T様/ガラスコーティング

HONDA ZR-V セラミックコーティング/新潟県 燕市 M様/ガラスコーティング
HONDA ZR-V セラミックコーティング/新潟県 燕市 M様/ガラスコーティング

ボルボ V60にカーコーティング施工/新潟県燕市S様/ガラスコーティング
ボルボ V60にカーコーティング施工/新潟県燕市S様/ガラスコーティング

欧州車アルマイトモールプロテクションフィルム

輸入車の中でも特にAUDI VOLVO などに多く見られる白サビ、これはメーカーの工場出荷時から初期の進行が始まり、時間の経過とともにより深いダメージとして残ります。

ごく初期であれば短い研磨時間で回復することができますが、重症化すると研磨に丸1日以上かかる重作業になり、
復元費用も高額になります。

新車時又は軽度のうちに除去し、プロテクションフィルムで外気の湿気や有害物質から遮断することで輸入車独特の品格を保つことができます。フィルムを貼り付けた違和感なく自然な仕上がりを得られます。

欧州車窓枠アルマイトモールプロテクション(片側)
¥33,000
アルマイト、金属モール白サビ除去研磨(片側)
¥22,000

よくある質問

新車にも下地処理や磨きが必要と聞きましたがなぜですか?
新車のボディは残念ながらコーティングできる状態にありません。
メーカーからの輸送中には前走車の巻き上げた水や砂ホコリ、鉄粉、油分、を存分に浴びています。納車前に保管されるモータープールでも風雨にさらされ、ウォータースポットの基点を形勢します。輸送などで汚れたボディーはディーラーで洗車されますが、洗車キズや水ジミの原因になります。
新車のボディを保護するために貼られている白い保護膜でさえ塗膜を侵す原因になります。とてもその状態で納車された新車にそのままコーティングを行う事は考えられません。
やはり入念な下地つくりを行う事でコーティングの性能は発揮されるとわたしは考えます。
下地処理はどうやってるの?どこでやっても同じでは?
この質問をされると解答に数時間かかるかもしれませんが頑張って簡潔にまとめます。
下処理はコーティング施工にとっての『命』とも言える部分になります。この部分の出来映えによっては同じコーティング材料を使ったとしても全く別物の光沢や耐久性をもたらします。
洗浄作業ではケミカルを適材適所で使い分ける事で最大の効果を発揮します、但し使いこなすには専門知識と経験(過去の失敗も含む)が必要です。
一般のケミカルはある程度色々な汚れに効く設計になっていたりトラブルが起きにくい替わりに能力が低く、ゴシゴシと擦らなければならない設計になっている事が多いのですが、私たちプロのカーディテーラーが使うケミカルの特長は、特定の汚れ意外には反応しない、逆に特定の汚れには一瞬で反応し、洗浄できる特性を持ちます。
つまり、瞬間的に擦らず汚れを落とす事が可能になります。もしかすると、薬品が強くて塗装を傷めないの?という疑問が浮かびそうですね?確かに間違った部分に使用し、それを放置する事はNGです。
正しく使えば良いことしかありません。正しい洗浄には3つのポイントがあります。
『正しいところに』『狙って』『短時間で』これです。逆に弱いケミカルであっても『間違ったところに』『適当に』『長時間浸す』みたいなやり方では完全に傷めます・・・・。
なんだか洗車の講習の様になりそうなので記事でお伝えしたいと思います。このイメージだけお伝えできれば下処理のい・ろ・はの『い』くらいはお伝え出来たかと思います。
コーティングは新車のうちに行った方が良いと聞きましたが本当ですか?
新車のうちにコーティングをしておく事にはメリットがたくさんあります。
塗装面は新車の状態から徐々に汚れや洗車による摩擦などでダメージを受けはじめます。
軽度の汚れの付着の場合は問題有りませんが、新車から時間が経つほど下地をつくり直す必要性が高まっていきます。
当店では新車であっても全車下処理を行ないますが、概ね新車納車時から3ヶ月以内であれば新車価格での施行が可能となります。
ダメージを受けてからの場合は、ダメージレベルによって追加作業費用がかかることがありますので、新車時が最も費用をおさえられます。
お車ご購入を決めた時点で一度仮予約を頂き、納車日が近くなった時点で本予約とい流れですとスムーズです。
定期メンテナンスは必ず必要ですか?なぜ1年ごとにやるのですか?
実際のところは保管状況、お客様の洗車に関する知識によってメンテナンスの必要頻度は変動します。
正しい洗車知識を持って定期的に洗車を行っていれば参考耐用年数よりも長く効果を持続させることも可能になります。
例えば、良い洋服なら正しい洗い方、保管、お手入れをしてあげれば長持ちしますよね?それとよく似ています。良いコーティングほどお手入れした時の耐用年数は伸びる傾向にあります。
話を戻すと、定期メンテナンスはオーナー樣のメンテナンスが良ければ本当はあまり必要ありません。逆にちょっとズボラなオーナー様の場合は年に1回くらいは愛車への罪滅ぼしも兼ねてプロにリセットしてもらおう!というイメージです。
つまり、洗車の技術と頻度が適正になるにつれて入庫してのメンテナンスは必要なくなり、年間のランニングコスト(経費)が削減されていきます。

車のガラスコーティング専門店GLOSSY

所在地
〒950-0014
新潟県新潟市東区松崎2-29-34 101
会社名
株式会社GLOSSY
電話番号
090-1453-2498
代表取締役
森 新太
営業時間
9:30 〜 18:00
定休日
日曜日・月曜日・他不定休

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。