ボディープロテクションフィルム

ボディープロテクションフィルム

ボディープロテクションフィルム
¥ 68,000 (税別) ~

XPELボディープロテクションフィルムは、あなたの愛車のボディー各所を『飛び石』『洗車キズ』『鳥のふん』『虫の死骸』『紫外線』『汚れ』『イタズラキズ』『劣化』等のあらゆる外敵から確実に保護できる唯一の選択肢です。超老舗のX-PELならフィルムを貼っていることを忘れてしまうほど違和感のない施工が可能です。

サイズ区分

S

M

L

LL

ボンネットハーフ

68000

88000

92000

98000

ボンネット全面

98000

120000

134000

165000

Fフェンダー(片側)

42000

48000

55000

59000

ドアミラー(左右)

25000

25000

25000

25000

こんな方にオススメ!

高速道路走行中に小石が飛んできてボンネットにパチン!

補修塗装して傷は直ったけど、新車の時とは色とか質感が変わってしまった。
違和感を感じて残念な気持ちになったことがある。

補修塗装やタッチアップでごまかしてもやっぱり修理箇所が気になる。塗装し直しても乗り換えの時の査定は下がってしまうので、先行投資をしてでも元の塗装面をしっかりと守っておきたい。

自分の駐車場の近くで子供がボール遊びをしているのをよく見かける。身に覚えの無い傷が車についていたことがあったが何で傷付いたかもわからないし子供たちを叱ることも避けたい。

ヘッドライトプロテクションフィルム(オプション)

ヘッドライトプロテクションフィルム(オプション)

ヘッドライトプロテクションフィルムは愛車のヘッドライトに150μの分厚いフィルムを貼ることで 黄ばみを予防し、透明度確保することで安全快適なドライブ環境と愛車の美しさを守ります。

左右セット 24800円

紫外線劣化による黄ばみの予防

ヘッドライトはポリカーボネートという素材でできており、紫外線を浴び続けると徐々に黄変が始まります。

一度黄ばむと研磨で除去しても数ヶ月で再発するのでまた研磨が必要になり、美観を損なうばかりか、長期的に見ると非経済的な上に手間と時間を奪われます。

大半のガラスコーティング が0.1ミクロンにも満たないのに対して、プロテクションフィルムは約1500倍の150ミクロンという圧倒的な厚みを持ちます。

ヘッドライトプロテクションフィルムは紫外線遮断効果のある分厚いフィルムでで高価なヘッドライトの透明度を長期間保護し続けることができます。

修理費用削減と価値の保存

ボディー同様ヘッドライトに傷やクラックが入っていても車の売却価値は下がります。近年のヘッドライトはレンズだけの交換ができないものが多く、丸ごと交換が基本。

メルセデスCLSクラスなら片側32万9400円、左右で65万8800円と高額で、国産車でも左右で30万円を超えるものもしばしばあります。

ヘッドライトプロテクションはほぼ全ての車種で税込26400円で施工できるので、まだ傷のない新車のタイミングでの施工がオススメです。(オプション設定となりますのでコーティング又は他の部位と合わせてご利用いただけます。)

生活キズプロテクション

生活キズプロテクション
¥ 3,200 (税別) ~

普段車を使用する上でどうしても触れてしまう部分や荷物の積み下ろしの際に擦れてしまい安い部分。

ちょっと油断した瞬間にコツンとぶつけてしまう部分を事前にガードしておき、自分のミスに保険をかけておく意味合いで施工するメニューです。

ドアカップ/1箇所

3200

ドアエッジ/1箇所

3200

リアバンパー上部

12000

欧州車窓枠アルマイトモール(片側)

28000

こんな方にオススメ!

狭いところで車から降りる時にドアのの端をついぶつけて塗装が剥がれたことがあるなら。

ドアカップを爪で引っ掻いてできる黒ずみやキズが気になったことがあるなら。

荷物の積み下ろしでトランク周辺やバンパーなどを傷つけてしまったことがあるなら。

AUDI BMW VOLVO等欧州車の窓の周りのモールの白サビが気になるなら。

もしフィルムにキズがついてしまっても微細なキズならお湯をかければ瞬く間に修復することができる不思議な保護フィルムです。

もし、ボディーコーティングでの保護に限界を感じているならX-PELのプロテクションフィルムが
あなたの大切なお車を強力に保護してくれます。(オプション設定となりますのでコーティング又は他の部位と合わせてご利用いただけます。)

欧州車アルマイトモールプロテクションフィルム

欧州車アルマイトモールプロテクションフィルム

輸入車の中でも特にAUDI VOLVO などに多く見られる白サビ、これはメーカーの工場出荷時から初期の進行が始まり、時間の経過とともにより深いダメージとして残ります。

ごく初期であれば短い研磨時間で回復することができますが、重症化すると研磨に丸1日以上かかる重作業になり、
復元費用も高額になります。

新車時又は軽度のうちに除去し、プロテクションフィルムで外気の湿気や有害物質から遮断することで輸入車独特の品格を保つことができます。フィルムを貼り付けた違和感なく自然な仕上がりを得られます。

欧州車窓枠アルマイトモールプロテクション(片側)

28000

アルマイト、金属モール白サビ除去研磨(片側)

19000

よくある質問

コーティングは新車のうちに行った方が良いと聞きましたが本当ですか?
新車のうちにコーティングをしておく事にはメリットがたくさんあります。
塗装面は新車の状態から徐々に汚れや洗車による摩擦などでダメージを受けはじめます。
軽度の汚れの付着の場合は問題有りませんが、新車から時間が経つほど下地をつくり直す必要性が高まっていきます。
当店では新車であっても全車下処理を行ないますが、概ね新車納車時から3ヶ月以内であれば新車価格での施行が可能となります。
ダメージを受けてからの場合は、ダメージレベルによって追加作業費用がかかることがありますので、新車時が最も費用をおさえられます。
お車ご購入を決めた時点で一度仮予約を頂き、納車日が近くなった時点で本予約とい流れですとスムーズです。
一番良いコーティングはどれですか?
私たちは車の綺麗を保つ専門家としてお客様のお車の状態、御予算、コーティングのどの性能を最も重要に思っているかを総合的に考えた上でコレだ!というメニューをご提案させていただいております。

ディーラーや他の施工店でご検討されているのであればまずはグロスアーマーコーティングで十分に違いを感じていただけるかと思いますし、遠回りせず一番良いものをお探しでしたらファインラボヒールシリーズ等のセラミックコーティングをお試しいただけたらと思います。
新車にも下地処理や磨きが必要と聞きましたがなぜですか?
新車のボディは残念ながらコーティングできる状態にありません。
メーカーからの輸送中には前走車の巻き上げた水や砂ホコリ、鉄粉、油分、を存分に浴びています。納車前に保管されるモータープールでも風雨にさらされ、ウォータースポットの基点を形勢します。輸送などで汚れたボディーはディーラーで洗車されますが、洗車キズや水ジミの原因になります。
新車のボディを保護するために貼られている白い保護膜でさえ塗膜を侵す原因になります。とてもその状態で納車された新車にそのままコーティングを行う事は考えられません。
やはり入念な下地つくりを行う事でコーティングの性能は発揮されるとわたしは考えます。

MAIL
MAGAZINE

『メルマガ登録でメリットがたくさん!』

今、メルマガ登録頂くと『コーティング割引き』+『プレゼント』
更に、『プロから学べるカーケア情報』をお受け取りいただけます。

お問合せフォーム
電話で問い合わせる
受付時間:10:00~21:00 休日も連絡OK!