カーケア情報

ガラスコーティングの価格は?DIYと専門店を比較

ガラスコーティングをすれば愛車は透き通るような光沢に輝きます。そして、長期に渡ってボディが保護されることになります。

そこで気になるのがガラスコーティングの価格ではないでしょうか?
価格は一概にいくらかかるということではありません。自分で施工するのかプロに任せるのかでは大きな違いがありますし、新車なのか経年車であるのか、この辺の状態でも価格が違ってきます。

そこでこの記事では、ガラスコーティングの価格を解説します。
ガラスコーティングを考えている方のため、DIYコーティングと専門業者で施工をするケースに分けて紹介しますのでぜひご参考にしてください。

ガラスコーティングをDIYでするときの価格は?

ポリマーコーティングなどをしてきた人が、持続期間や仕上がりなどを考え、次のステップとしてガラスコーティングを考えることがあります。

これまでDIYでやってきたので、ガラスコーティングも自分でといった思いがあるかもしれません。
確かにDIY用のガラスコーティング剤が市販されています。

イエローハットなどのカー用品チェーンやアマゾンや楽天などのオンラインショップで気軽に購入することができます。
ガラスコーティングの人気がますます高くなっているため、価格はもちろん、水はじきのタイプや難易度でバリエーションがあったりと様々なラインが取り揃えられています。

さて、ガラスコーティング剤の価格ですが、目安は5,000円~15,000円といったところです。
商品はガラスコーティング剤本体に加えて、専用のマイクロファイバークロス数枚と、塗り込み専用スポンジ数個がセットになっているものがあります。

ひとつ、コーティング剤を選ぶときのポイントを紹介しましょう。ガラスコーティング剤は空気に触れ次第、ガラス質の効果が始まってしまうためガラス瓶に入っていますが、これは業務用が一般的でありしっかり施工できます。

「ガラスコーティング」と「ガラス系コーティング」との違い

ここでガラスコーティングとガラス系コーティングとの違いについて簡単に触れておきます。
名前が大変似ているこの2つのコーティング。以下の違いに注目しましょう。

ガラスコーティングは無機溶剤、ガラス系コーティングは有機溶剤
ガラス成分の含有量=ガラスコーティング>ガラス系コーティング

当然、ガラスコーティングとガラス系コーティングでは持続性や価格に違いが出てきます。
ガラスコーティングと言いながらガラス系コーティングに値するガラス成分量しか含まれていない商品には気をつけなければいけません。

さて、5,000円~15,000円程度のガラスコーティング剤の価格ですが、自分で施工するためにはコーティング剤を塗布する前にしっかりとした下地処理が必要となります。

その理由ですが、汚れや凹凸を取り塗装面をスムーズな平らの状態にすることでガラスコーティング剤を確実に密着させるためです。このため、ガラスコーティングを施工するときには下地処理こそが重要と言われます。

このような作業から、ガラスコーティング剤の価格に加えて、鉄粉除去の粘土やコンパウンド剤などの費用も考えるとよいでしょう。

ガラスコーティングを業者に依頼するときの価格相場

さて、ガラスコーティングを施工するときに一般的と言える方法が業者への依頼です。
業者には以下が考えられます。

  •  コーティング専門店
  •  カーディーラー
  •  カー用品店
  •  ガソリンスタンド
  •  自動車整備工場

これらの業者はガラスコーティングを専門としているプロから、メインの業務の傍らでガラスコーティングを施工しているところまで様々です。設備やスタッフの技術力、そして使われるコーティング剤にも差があり、この違いは価格にも表れています。

実際にどれほどの差があるものか、目安の価格を紹介しましょう。
価格はガラスコーティングの持続性3年~5年を考えた上でみてください。

  • コーティング専門店 8万円~15万円
  • カーディーラー 7万円~10万円
  • カー用品店 5万円~8万円
  • ガソリンスタンド 2万円~6万円
  • 自動車整備工場 2万円~4万円

ガラスコーティング、業者別の価格の違いとは?

コーティング専門店でガラスコーティングを施工する場合が一番価格が高いということが分かります。
なぜでしょう?
どのような分野でも専門店は高くつくものです。なぜなら、その分野についてのプロであり、高い技術力を持つからです。

ガラスコーティングに関しても同様です。コーティング専門店では、スタッフにコーティングに関する知識や技術があり信頼が高くなります。さらには、スタッフが作業をする環境が整っている点です。

ボディについている小さなキズなどを見逃すことのない照明、コーティング剤を塗布した車の表面を高温で温めるための遠赤外線乾燥機などが揃っています。

そして、施工を行なう環境は他のものから完全に隔離されたエリアになっているため、ガラスコーティングの効果を最大限にするために活かされています。
これらを総合して提供される高品質なガラスコーティングの価格が高くなることは当然の結果と言えるのかもしれません。

次にカーディーラーになりますが、安くはないもののコーティング専門店ほど高くないという位置づけです。
カーディーラーの本業は車の販売ですが、様々な付加価値のひとつにコーティングがあります。コーティングのプロではないため、施工は営業マンが行なうことがあります。

また、カーディーラーから外注に出すこともあるため、その分価格が高くなったり、外注先では経費削減に安価の液剤を使用するケースがあります。安くないものの、仕上がりのクオリティに満足がいかないといった声が聞かれます。

カー用品店でも、ガラスコーティングを施工を行なっています。
例えば大手オートバックスでは様々なメニューが用意されていたり、しっかり下地処理を行なうことからコーティングが綺麗に仕上がるという声があります。価格の割にお得という印象があります。

ガソリンスタンドでは専門店ほど設備が整ってはいないものの、いつもガソリンを入れる店舗で気軽にコーティング施工できるのがメリットです。多くのガソリンスタンドではキーパーコーティングのコーティング剤を中心に使用しますが、ガラス系コーティングとなるケースが多いので確認することをお勧めします。

自動車整備工場の価格にはとても幅があります。チェーン展開していいないところで5年以上の耐久性というガラスコーティングは普通自動車で60,000円というところもあります。納得のいく価格かどうか相談して決める必要があるでしょう。

最後に、コーティング専門店の価格をさらに詳しく紹介しましょう。

コーティング専門店でするガラスコーティングの価格

ガラスコーティングを専門店に依頼するには価格が高いものの、安心感と満足感を得られる確かな技術を期待することができます。月に数台のみ施工するという店もあります。
あるコーティング専門店のガラスコーティングメニューとそれぞれの価格を紹介しましょう。

車のサイズ別価格
軽自動車→ 70,000円
コンパクトカー→ 75,000円
小型セダン→ 80,000円
中型セダン→ 85,000円
大型セダン→ 90,000円
SUV 1BOX→ 95,000円
※経年車(3ヶ月以上)は、価格表より+5,000円

引用元:TRANCE ROAD

料金表

ガラスコーティングの価格まとめ

ガラスコーティングを自分で施工する場合のコーティング剤価格の目安は5,000円~15,000円、プロに頼む場合は8万円以上、カーディーラーでは7万円~10万円、カー用品店なら5万円~8万円が相場ということが分かりました。
ガラスコーティングをしようと考える場合は安かろう悪かろうを避けること、プロの技術かカー用品店の手軽さなのかなどを基本に選んでみることをお勧めします。

MAIL
MAGAZINE

『メルマガ登録でメリットがたくさん!』

今、メルマガ登録頂くと『コーティング割引き』+『プレゼント』
更に、『プロから学べるカーケア情報』をお受け取りいただけます。

お問合せフォーム
電話で問い合わせる
受付時間:10:00~21:00 休日も連絡OK!