カーケア情報

洗車機でガラスコーティングはキズつかない?おすすめの対策を解説 

ついにガラスコーティングをした愛車。この輝きをキープするためにも、今後は洗車をきちんとやっていきたいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで、洗車機の使用について疑問が浮かびます。

「ガラスコーティング車って、洗車機を使っても大丈夫?」
といった単純な疑問から、
「洗車機っていくつか種類があるけれど、どのタイプなら使っていいのかよく分からない」といったものまで様々でしょう。

そこでこの記事では、洗車機の種類を確認するところから、ガラスコーティング車は洗車機を使っても大丈夫なのかという点について解説します。
せっかくのガラスコーティングを傷つけないためにぜひご一読ください。

まずは洗車機の種類を確認

洗車機の種類

洗車機とは、洗車をするための機械を指します。手洗いで行なう洗車と比べられ、設置のパネルからコース選択をすると機械が自動的に洗車することから「セルフ洗車機」などと呼ばれます。

ガラスコーティング車は洗車機を使っても大丈夫なのか、この疑問に答える前に、洗車機にはどのようなタイプがあるのか確認しましょう。
タイプがあることを理解することが、後ほど解説する結論に大きく関わってきます。

さて、洗車機には大きく分けて「全自動洗車機」「ドライブスルー型洗車機」があります。
以下、簡単に紹介しましょう。

全自動洗車機

大きな門のようなデザインのため門型洗車機とも呼ばれます。洗車メニューから希望のものを選択し、ドライバーは車から降りた状態で洗車が行なわれます。門の内側には大きなブラシが設置されており、このブラシの動きによって車を洗車します。

ドライブスルー型洗車機

ドライブスルーと言えばファストフードですが、自動車の洗車にもこのタイプがあります。
やはりパネルがあり洗車メニューを選択します。全自動洗車機と大きく違うのはドライバーは車内にいる状態で洗車が行われる点です。

洗車機のメニューとは?

洗車機メニュー

洗車機のメニューは場所によって名前や種類が異なりますが、主に次のようなメニュー構成になっていることがほとんどです。

  • 水洗い洗車
  • シャンプー洗車
  • ワックス洗車
  • 撥水コート洗車
  • ポリマーコート洗車
  • ガラスコート洗車

水洗いから各種コーティングができる洗車が揃っていることが分かります。

洗車機の利便性

ガソリンスタンドやコイン洗車場で見かける洗車機。
洗車機の入り口に設置されているパネルから希望のメニューを選び、お金を投入、そして車が所定の位置に移動させ、スタートボタンを押せば洗車が開始されます。ドライバーはそれを待つだけ、このように洗車機には利便性があります。
コストに関しても、例えばシャンプー洗車が400円程度、ポリマーコート洗車なら1,300円~と比較的安価です。
ガソリンを入れるついでに洗車ができたり、24時間利用できる洗車機もあり、自分の手を煩わせることなく車が綺麗になるこの利便性が洗車機の大きなメリットでしょう。

洗車機に使われるブラシ

洗車機のブラシの種類

洗車機に使われるブラシは洗車において最も重要なアイテムとなります。
以前主流だったプラスティックブラシは無くなり、ゴムブラシもそれほど見かけることがありません。
では、現在の主流はというと、スポンジブラシ、またはブラシを使わないノンブラシ(ノーブラシ)です。

スポンジブラシとは、柔らかいスポンジでできたブラシによって洗車します。スポンジはあえて長さを均一にせず、洗浄性を高める設計となっています、車のボディには比較的優しく洗車できるタイプです。

ノンブラシは言葉の通り、ブラシの代わりに高圧のジェット噴射によってブラスを使わない状態で汚れを洗い流します。摩擦が少ない分、頑固な汚れは落としにくい点があります。

傷がついてしまう可能性のある洗車機のデメリット

洗車機の歴史を見てみると、プラスティックやゴムといった硬い材質を使ったブラシの洗車機が登場しました。その後、改善が繰り返され、今ではノンブラシの洗車機まで登場しています。
品質を高めていくために試行錯誤されるのは、それまでのデメリットに焦点を当て改善することで行なわれます。

洗車機のブラシで大きなデメリットは、硬い材質のブラシが車を擦って傷が付きやすくなっていることが一番大きい改善点のひとつであったことは間違いありません。

ガラスコーティング車の表面はどうなっているのか?

ガラスコーティング

さて、洗車機の概要が分かったところで、ガラスコーティング施工車の表面がどうなっているのかみてみましょう。

ガラスコーティングを施工すると車のボディ表面にガラスが成分の被膜が作られます。
このガラス皮膜が、ボディを様々なものから保護する役目を果たすと同時に、車に輝く光沢を作りだします。

様々なものとは具体的にはホコリから始まって花粉や黄砂など様々な汚れから、紫外線、酸性雨、ある程度の傷などを指します。
コーティング無しの状態の車は無防備であり、これらによって大きくダメージを受けてしまいます。そこでコーティングをする人が多いのですが、ガラスコーティングでは結晶がガッチリと結合し硬質かつ平滑な面を形成することによって、長期に渡ってガラス被膜がボディをしっかりと保護するところが支持される大きな理由です。

ガラスコーティング車に洗車機を使うと?

ここまで洗車機や洗車に使われるブラシ、そしてガラスコーティング車の表面がどうなっているかを紹介しました。

では、ガラスコーティング車を洗車機で洗車するとどんな事が起こり得るのでしょう。

  • ブラシによっては摩擦が起こり、ボディにキズがつく可能性がある。
  • 同じ機械を他の人も使うことから、水洗い洗車を選んでもワックス剤などが多少なりとも付着する可能性がある。

キズつくことで撥水性能や光沢が下がってしまったり、本来のガラスコーティングの効果が半減してしまう可能性があるのです。

ガラスコーティング車に洗車機はOK?

上で述べた洗車機によるリスクを考えれば、基本的には洗車機はおすすめしないという結論になります。
しかし、ガラスコーティング車はノーメンテナンスではなく洗車が欠かせません。
そこでおすすめなのが手洗いによる洗車です。柔らかいマイクロファイバークロスを使い、自分の力加減で優しく洗い上げます。ガラスコーティングを施工した車は洗車も楽になるメリットがあり、手洗いでも時間をかけずにできるため面倒がらずに行なうことができます。
もし、場所や時間がとりづらい場合は洗車専門店などプロに任せることもできます。

当店でも大切な車に洗車傷を付けたくない!というご要望にお応えできるよう、2021年9月に洗車専門店をオープンさせました。

新潟市に手洗い洗車専門店がOPEN!『GLOSSY女池インター店』

洗車機を使う場合のポイントはノンブラシ洗車機

せっかくのガラスコーティングを洗車でキズをつけてしまうことは避けるべきです。
このことから、もし洗車機を使うのであれば最新の機種を選ぶことをおすすめします。究極はやはり、ノンブラシでしょう。ノンブラシであれば、前に使用した人の洗車タイプによって余計なものが付着するという心配もありません。

ノンブラシ洗車機の使用にかかるコスト目安を紹介しましょう。

水洗い洗車 800円
シャンプー洗車 900円

この程度のコストでリスクを避けられるのであれば、ブラシを使用する機種の洗車機を使う意味がなくなるほどではないでしょうか?

なお、他の記事でも解説していますが、ガラスコーティングを施工後はガラス被膜が塗装面上に完全硬化するまでの期間は手洗い洗車も洗車機も使用しないようにしてください。

ガラスコーティング車は洗車機はなるべく避けよう

洗車機を利用する場合は、コーティングをキズつけることを考慮しノンブラシの洗車機を使うことをおすすめします。しかし、ノンブラシの洗車機がない場合もあるでしょう。
ガラスコーティング車の理想の洗車は優しい手洗い洗車です。
せっかくのガラスコーティング、丁寧に取り扱って光沢が美しい車を運転することを楽しみましょう。

MAIL
MAGAZINE

『メルマガ登録でメリットがたくさん!』

今、メルマガ登録頂くと『コーティング割引き』+『プレゼント』
更に、『プロから学べるカーケア情報』をお受け取りいただけます。

お問合せフォーム
電話で問い合わせる
受付時間:10:00~21:00 休日も連絡OK!