オプションメニュー

ホイールコーティング

ホイールコーティング

ホイールにコーティングを施工しておくことで付着したブレーキディスクが落としやすくなるだけでなく、再付着やホイールの塗装を傷めるリスクを軽減することができます。

こんな方にオススメ!

せっかく洗車を終えてもホイールの汚れがいつも取りきれずになんだかスッキリしない。

輸入車に乗り始めてからホイールが汚れやすい。汚れでホイールが傷まないか心配。

スタッドレスタイヤに履き替えるときにホイールを裏まで洗っているけど、いまひとつキレイにならない。

ホイールコーティングの防汚性能

輸入車には定番のメニュー

輸入車(特に欧州車)のブレーキディスクは鋳鉄製で柔らかく、あなたがブレーキを踏む度にダスト(鉄粉)が発生し、ホイールに付着します。国産車でもホイールコーティングを施工することで長期間、足下のドレスアップを積極的にアピールできます。

ウィンドウコーティング

ウィンドウコーティング

過酷な海上船舶の視界確保から誕生したウィンドウガラスコーティングでクリアな視界を確保。虫、油膜、水アカから視界を守り夜間長距離運転の疲労軽減、雨天での事故防止をサポートします。

こんな方にオススメ!

✔︎ガラスがいつも綺麗じゃないとなんだかスッキリしない

✔︎油膜や虫の付着でイライラしたことがある

✔︎夜間に運転する機会が多い

✔︎雨の日も気持ちよく運転したい

✔︎ボディーが綺麗でもガラスが汚れていると残念な気持ちになる

 

パーツコーティング、部分コーティング

こんな方にオススメ!

✔︎せっかくコーティングするなら全ての箇所を保護しておきたい

✔︎コーティングしていない部分があると少し落ち着かない

✔︎外装だけでなく内側の汚れもできる限り予防したい

生活傷プロテクションフィルム

生活傷プロテクションフィルム

普段車を使っていてどうしても避けられない生活傷。ドアカップやリヤバンパーの上は毎日のドアの開け閉めや荷物の積み下ろしでいつの間にか傷だらけに。
車を狭いところに止めた時などは子供や家族がドアの縁を壁や隣の車にコツンと当ててしまう事もありますよね、、、、そんな時でも被害を最小限に止めることができるのが生活傷プロテクションフィルムです。

ボディー研磨

ボディー研磨

あなたがパートナーとして迎え入れたお車の艶と魅力を職人の研磨技術で引き上げます。車種固有の魅力、主張、存在感を最大限まで高められるのでコーティング前に研磨を行って艶々の状態から愛車を保護したい方に最適なメニューです。研磨は熟練の研磨技術士が時間をかけ、最先端の技法と道具を利用して行いますので無駄に塗装を削り込むことなく、しっかりとあなたの愛車の魅力を引き上げて差し上げます。

こんな方にオススメ!

✔︎新車の艶に今一つ満足できない

✔︎せっかくコーティング保護するなら最善の状態にしてから保護したい

✔︎新車なのに結構洗車傷が目立つからリセットしたい

✔︎新古車で買ったけど新車以上の艶にしたい

✔︎中古車を新車以上の艶にしたい

下回り錆止め塗装

下回り錆止め塗装

冬の路面に散布される融雪剤や沿岸地域の潮風によって錆びがちな車体の下回りを柔軟性のある防錆剤を使用してサビから愛車を守ります。
輸入車の多くはサビ対策をされていますが日本車はサビ対策がされていないので、新潟県で国産車にお乗りの方には特に有効なメニューになります。

こんな方にオススメ!

✔︎自宅や会社が海に近い地域にある

✔︎冬場の通勤でバイパスや高速道路を使うことがある

✔︎日本車に乗っている

✔︎売却時に車の価値を下げたくない

✔︎長い間安心して車に乗りたい

メンテナンス

メンテナンス

普段の洗車で取りきれなかった汚れを取り除き、ケアすることでコーティングと塗装面のコンディションを整えます。
コーティング皮膜の上に乗ったミクロレベルのミネラル分を取り除くことであの時の艶が蘇り、おクルマへの愛着も一層深めることができるでしょう。

こんな方にオススメ!

✔︎車の魅力を最大限に維持したい

✔︎コーティングの恩恵を最大限に味わいたい

✔︎定期的にプロの目で見てケアして欲しい

✔︎いつまでも車の価値を落とさずに乗り続けたい

メンテナンスレベルはお車の状態と目指す状態に応じてお選びいただけます。

シートコーティング(準備中)

こんな方にオススメ!

✔︎以前乗っていた車でシートの汚れや匂いが気になったことがある

✔︎革シートのスレや汚れを予防してヤレ感が出るのを遅らせたい

✔︎デニムパンツを履くことが多く、シートに色が移るのを軽減したい

✔︎子供が飲み物を溢した時についきつく怒ってしまうことがある

よくある質問

コーティングは新車のうちに行った方が良いと聞きましたが本当ですか?
新車のうちにコーティングをしておく事にはメリットがたくさんあります。
塗装面は新車の状態から徐々に汚れや洗車による摩擦などでダメージを受けはじめます。
軽度の汚れの付着の場合は問題有りませんが、新車から時間が経つほど下地をつくり直す必要性が高まっていきます。
当店では新車であっても全車下処理を行ないますが、概ね新車納車時から3ヶ月以内であれば新車価格での施行が可能となります。
ダメージを受けてからの場合は、ダメージレベルによって追加作業費用がかかることがありますので、新車時が最も費用をおさえられます。
お車ご購入を決めた時点で一度仮予約を頂き、納車日が近くなった時点で本予約とい流れですとスムーズです。
一番良いコーティングはどれですか?
私たちは車の綺麗を保つ専門家としてお客様のお車の状態、御予算、コーティングのどの性能を最も重要に思っているかを総合的に考えた上でコレだ!というメニューをご提案させていただいております。

ディーラーや他の施工店でご検討されているのであればまずはグロスアーマーコーティングで十分に違いを感じていただけるかと思いますし、遠回りせず一番良いものをお探しでしたらファインラボヒールシリーズ等のセラミックコーティングをお試しいただけたらと思います。
新車にも下地処理や磨きが必要と聞きましたがなぜですか?
新車のボディは残念ながらコーティングできる状態にありません。
メーカーからの輸送中には前走車の巻き上げた水や砂ホコリ、鉄粉、油分、を存分に浴びています。納車前に保管されるモータープールでも風雨にさらされ、ウォータースポットの基点を形勢します。輸送などで汚れたボディーはディーラーで洗車されますが、洗車キズや水ジミの原因になります。
新車のボディを保護するために貼られている白い保護膜でさえ塗膜を侵す原因になります。とてもその状態で納車された新車にそのままコーティングを行う事は考えられません。
やはり入念な下地つくりを行う事でコーティングの性能は発揮されるとわたしは考えます。

MAIL
MAGAZINE

『メルマガ登録でメリットがたくさん!』

今、メルマガ登録頂くと『コーティング割引き』+『プレゼント』
更に、『プロから学べるカーケア情報』をお受け取りいただけます。

お問合せフォーム
電話で問い合わせる
受付時間:10:00~21:00 休日も連絡OK!